当院で行われている治療

内視鏡下脊椎手術(MED法)

全身麻酔の手術です。手術創は16mmです。1週間程度の入院が必要です。頚(くび)、腰(こし)、胸(むね)の背骨の神経の圧迫をとる手術が可能です。対象疾患としては、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア、胸髄症などがあります。

図1.MED法とその手術中の様子(筆者)

完全内視鏡下椎間板切除術(FED/PED法)

局所麻酔で行う方法と全身麻酔で行う方法があります。手術創は8mmです。局所麻酔の場合、入院は最短で1泊2日になります。全身麻酔の場合は、MED法と同じ場所から入ります。その場合の入院は1週間程度になります。 対象疾患は、腰椎椎間板ヘルニアです。

図2.FED/PED法とその手術中の様子(筆者)

頚椎椎弓形成術

頚椎(くびのほね)での脊髄(せきずい)という神経の圧迫に対する手術です。頚椎の骨を開いて、脊柱管を広くします。手術創は8cm程度のことが多いです。 脊髄は(いまのところ)再生しない神経であり、その神経で麻痺がおこると、両側の手足が動かなくなるなどの深刻な麻痺症状がでることがあります。したがって、症状が進行すればまず手術になります。圧迫が複数箇所の場合は、この手術方法が選択されますが、、軽度であるか、1-2か所であれば、先に述べたMED法の内視鏡で対処できます。対象疾患は頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靭帯骨化症などです。

図5.頚椎椎弓形成術術後CT

脊椎固定術

脊椎に不安定性を認める方や、変形が強い方は、脊椎固定術が必要な場合があります。ただ、不安定性があれば、かならず手術をしなければならないわけではありません。固定の手術も以前ほど大きな創を作らなくてもよい場合もあります。固定術が必要なかたは患者さんごとにできるだけ小侵襲で手術方法を考えます。

図6.腰椎固定術術後レントゲン

各種骨折

整形外科なので、骨折の手術もおこなっております。救急搬送されてくる方もありますが、外来から手術になる場合もあるかと思います。もちろん保存的に治癒する骨折も多いので、相談してください。

図7.大腿骨頚部骨折(矢印は骨折)

今回ご紹介した手術方法、治療方法はすべて当院で行うことができます。また、非常勤の医師にも来ていただいており、肩や手など専門の先生による手術もおこなっております。まずは外来で相談してください。

担当医紹介

院長

百名 克文

専門分野
脊椎脊髄外科、人工関節
経歴
京都大学医学部卒 卒業
京都大学医学部大学院 卒業
日本赤十字社和歌山医療センター
整形外科 兼 リハビリテーション科部長
同  副院長
和歌山整形外科医会名誉会員
資格
京都大学医学博士
日本整形外科学会専門医・指導医・脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医・専門医
日本人工関節学会認定医
日本骨粗鬆症学会認定医
中部日本整形外科学会評議員
メッセージ
私は整形外科医として多くの診療、手術を行ってきました。当院の前身は整形外科病院で手術のための設備、器具も充実しています。健康寿命を妨げる原因は、痛み、関節障害、神経障害などの「運動器の障害」です。外来は月曜日から土曜日まで毎日行っていますので、年だからと諦めずに是非当科を受診してください。四肢の外傷、骨折などの救急は24時間、365日対応しています。 現在は内科、外科など診療科の数も増え、チーム医療を実践し、民間病院ならではの自由な視点で診療を行っています。「堀口記念病院で良かった」と地域に愛され信頼される病院を目指します。

整形外科部長

中尾 慎一

専門分野
脊椎脊髄外科、整形外科一般
経歴
和歌山県立医科大学医学部 卒業
角谷整形外科病院
和歌山県立医科大学紀北分院
和歌山県医科大学附属病院
角谷整形外科病院
堀口記念病院 整形外科部長
資格
日本専門医機構 整形外科専門医
日本脊椎脊髄病学会・日本脊髄外科学会 脊椎脊髄外科専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術・技術認定医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本骨粗鬆症学会認定医
医学博士
メッセージ
長く脊椎脊髄を中心に診療に携わってきました。脊椎といいますと「せぼね」ですね。せぼねはそれ自体で、腰の痛み、背中の痛み、首の痛みがでることがありますし、何といってもその中に神経が走っているという特殊性があります。ですので、せぼねの異常のせいで足や手が痛かったり、動かなくなったり、しびれたりします。それらを手術、薬、運動のしかたの相談で改善させていただきます。もちろん、その他の一般的な整形外科疾患についてもご相談ください。

整形外科副部長

打越 顯

専門分野
整形外科全般
経歴
関西医科大学 卒業
日本赤十字社和歌山医療センター
堀口記念病院
メッセージ
外傷や様々な痛みなど、患者様の幅広いニーズに応えられるように邁進しています。

※各科の外来診察予定はこちらから

各科の外来診察予定表