当科について

循環器内科は心臓と血管の病気を診る診療科です。心臓病といえば狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患、不整脈、心臓のポンプ機能が低下する心不全や弁膜症、心筋症といったものがあります。一方血管の病気としては高血圧や動脈が膨らむ動脈瘤、逆に細くなる下肢閉塞性動脈硬化症、静脈の疾患として静脈瘤、深部静脈血栓症、肺塞栓などがあります。心臓の病気の自覚症状は胸の痛み 動悸、息切れ呼吸苦、足のむくみや意識消失などがあります。また、血管の症状は激しい胸腹部痛み、歩行時の足のしびれ等があります。ほかには健診時の心電図異常や血圧が高い、雑音がするなどで発見されることもあり、こういう症状があり気になることがあればお気軽に受診してください。

対応している疾患

  • 心不全
  • 不整脈(ペースメーカーの管理)
  • 狭心症
  • 心筋梗塞等の虚血性心疾患 高血圧

全身の血管疾患につきその予防、薬物によるコントロール、リハビリ等行っていこうと考えています。ペースメーカーの管理も当院で行うことは可能です。もし薬物加療以外にペースメーカーの管理も希望されるようでしたらお気軽にご相談ください

対象となる症状

以下のような症状を自覚される方は循環器内科を受診してください。

  • 胸や背中が発作的にしめつけられる。
  • 軽い運動時にも息切れを自覚する。息苦しくて仰向けに寝られない。手足がむくむ。
  • 胸がドキドキしたり、脈が飛んだりすることがある。
  • 意識が遠のいて血の気がひくようなことがある。
  • 歩行時にふくらはぎに痛みを感じる。
  • その他、健康診断で血圧が高い、心電図に異常がある、レントゲンで心臓が大きいなどの指摘を受けられた場合。

担当医紹介

循環器内科部長

北田 雅彦

専門分野
循環器全般(主に冠動脈、疾患治療、心不全、デバイス植え込み等)
経歴
愛媛大学医学部卒業
愛媛大学附属病院
公立共済組合近畿中央病院
日赤和歌山医療センター循環器科
資格
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
ICD CRT植え込み資格
日赤和歌山医療センター循環器科
心不全緩和ケアトレーニングコース
(HEPT)受講
※心不全緩和ケアとは、可能な範囲で希望に合わせた治療を継続しながら症状の緩和やQOLの維持と向上に努め、ケアや療養を含めた今後の方針を話し合っていくこと
メッセージ
今まで急性期病院で医療の発展を目の当たりにして治療に勤しんできましたが、これからは高齢化進行し、心不全の患者さんも増加してきます。今までの経験生かしながら、慢性期患者さんの医療を行いたいと考えています。

医局員

大谷 英世

専門分野
循環器内科全般
経歴
関西医科大学 卒業
和歌山県立医科大学循環器内科入局
国立田辺病院勤務
国立南和歌山病院勤務
資格
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医

※各科の外来診察予定はこちらから

各科の外来診察予定表