ホーム病院について > 検査科

検査室のご紹介

検体検査

患者様から採取された血液・尿などを用いて分析します。

当院で実施している検体検査

生化学検査・血球算定・輸血検査・尿検査・感染症検査

○生化学検査では、血液を検査材料とし、タンパク質・酵素・脂質・糖などを調べ肝機能や腎機能、各種感染症の検査を行っています。 検査室に到着した検体は遠心分離後、自動分析器で処理され検査結果が報告されます。 正確で迅速な検査結果を報告出来るよう日々の業務に取り組んでいます。

○血液検査では赤血球数、白血球数、血小板数に異常がないかを検査し、さらに貧血や手術で輸血が必要になった場合、患者さんと輸血する血液の型が同じかを調べる血液型検査・交差適合試験を行っています。これらの検査を確実に行う事により、安全な輸血医療を支えています。

○尿検査では尿試験紙で尿中に含まれる成分(糖・蛋白など)の検査を行います。さらに顕微鏡を使用し尿中の赤血球や白血球、細胞の数を検査します。

生理機能検査

直接患者様と接して検査する生体検査を生理機能検査といいます。色々な検査機器を用い身体から発生する情報を波形として記録し、身体内部の情報を画像にして表していきます。

〈当院で実施している生理機能検査〉
心電図・ホルター心電図・ABI・眼底検査・呼吸機能検査・聴力検査・超音波検査・PSG検査

検査室の取り組み

正確で迅速かつ付加価値のある検査結果を報告できる体制の整備に取り組んでいます。
また、医師や看護師をはじめ他の医療スタッフなどと協力して患者様の立場に立ったチーム医療の実現に努力しています。

スタッフ紹介

現在検査科は男性技師1名、女性技師2名の計3名が検査業務に取り組んでいます。
専門性を向上させるよう学会や研修会に積極的に参加し、業務に活かせるよう取り組んでいます。互いを尊重し検査がスムーズに実施できる環境作りに日々取り組んでいます。

病院について

各科の外来診察予定表

健康診断

看護師採用情報

このページのトップへ