ホーム病院について > 放射線科

放射線科のご紹介

放射線科のご紹介

 当院の放射線科の画像はすべてデジタル画像機器を用いて行い、PACS(医用画像ファイリングシステム)に保存蓄積され、院内に配置されている電子カルテ端末(診療室など)より。瞬時に画像を参照できます。
 我々は患者さんの立場になり、スムーズに分かりやすく検査を行うように心がけ、日常の外来診療業務と二次救急業務に取り組んでいます。 気になること、分からないことなど気軽に相談される信頼される開放的な放射線科を目指しています。


画像診断機器について

■一般単純X線撮影装置(2台)
 胸部、腹部および骨、関節系の単純X線撮影を行います。

■X線TV装置(透視検査装置)(1台)
 消化管造影(バリウムなど)検査、骨折や脱臼の整復、内視鏡下では消化器・胆道系等の検査を行います。

■骨密度測定装置(1台)
 腰椎と大腿骨を測定し、骨粗しょう症の診断を行います。

■16列マルチスライスCT装置(1台)
 精密な画像を短時間で広範囲に撮影することが可能です。特に初期の小さな病変や血管形態の異常を全身領域にわたって見つけることが可能です。

■1.5テスラMRI撮像検査装置(1台)
 X線ではなく強力な磁場を用い、骨や筋肉等の組織の状態を描出でき、頭部領域では脳梗塞や脳血管の診断に有用です。X線を使用しないので、放射線による被曝はありません。


病院について

各科の外来診察予定表

健康診断

看護師採用情報

このページのトップへ