PED(経皮内視鏡下椎間板切除術)とPEL(経皮内視鏡下椎弓形成術)

 PEDとは、腰椎椎間板ヘルニアに対して、経皮内視鏡を用いてヘルニアを摘出する手術です。一方、PELとは主として腰部脊柱管狭窄症に対して行われる神経の圧迫をとる手術です。どちらもPED専用の内視鏡器械を用います。経皮という言葉は皮膚を通してという意味で、手術の世界では特に小さな傷の手術に使います。この手術の皮膚を切る傷はわずか8mmです。手術中は関節鏡と同じく、術野に水を流しながら行うため、ドリルなど熱による障害は起こりにくくなっています。カメラの画像は4K解像度のモニターに映し出され、良好な視野で手術することができます。局所麻酔、全身麻酔いずれも行う手技があり、局所麻酔の場合は1泊2日も可能です。

整形外科 中尾慎一

※各科の外来診察予定はこちらから

各科の外来診察予定表