堀口コラム 閑話

こちらのコーナーでは当院のスタッフが医学的な事柄や趣味の世界についてなど、様々な記事を掲載していく予定です。

無駄に思えても、実は意味があるというものがあります。余談のはずが「誰か」の、「何か」の答えになっていたり。我々のコラムを通して、そのような出会いがあれば、幸いでございます。
整形外科 中尾慎一

2021年10月12日 更新

「痛み」について

 みなさんが整形外科へ行こうと思う時は、どんなことがきっかけになるでしょうか。おそらく背骨や四肢のどこかに「痛み」があることが多いのではないでしょうか。誰にとっても「痛み」は嫌なものですが、一方で「痛み」は体の異常を知らせるメッセージとしての役割を担い、体を守るために必要な警告信号なのです。例えば手足をケガした時に「痛み」がなくて適切な治療を受けずにいると、患部はどんどん悪化していくかもしれません。「痛み」は感覚の一つであり、ほとんど全てに不快や嫌悪、不安などの感情の変化(情動)を伴います。感情の変化は「痛み」の一部と考えられていますが、この不快な情動が病院へ行くなどの「痛み」回避行動を起こさせるのです。
 ところで、イヌやネコに「痛み」はあるのでしょうか。イヌやネコは「痛い」とは言いませんが、手足を引っ込める、あるいは怪我した脚を挙げて歩くなどの行動から「痛み」を感じていることが分かります。ではアリやゾウリムシはどうでしょうか。感覚としての「痛み」は目に見えないので、下等な生物が「痛み」として感じているかは不明です。
 「痛み」の定義はとても難しいのですが、言葉を話すヒトにおいては、「本人が痛いと言えばそれが「痛み」である。」という分かり易い(?)定義があります。では、私たちは他人の「痛み」をどこまで共有できるのでしょうか。自分の「痛み」は自分だけが感じるものであり、本人でないと実際分かりにくい。20世紀の偉大な哲学者は、私たちが知ることができるのは自分の「痛み」だけであると断言しています。他人の「痛み」の理解には観察が大きく作用するので、「痛み」は他の人とは共有できない主観的な意識であると述べています。
 ほとんどの患者が「痛み」を訴える整形外科において、他人の痛みを共有できない状態で良い治療ができるのでしょうか。厄介なことに痛みは画像検査で視覚的にとらえることができず、血液検査でその程度を数値で見ることもできません。医師は言葉を使い、様々な診察手段を用いて「痛み」を測り、共有する努力をします。そして、医師は患者さんの「痛み」を否定せず、その「痛み」を真摯に受けとめて治療に当たります。「痛み」の治療はまさにチーム医療の極致であり、患者さんと医療者側が密に協力し合うことで良い結果が得られるものと信じています。

院長 百名克文

2021年10月4日 更新

椎間板ヘルニアの注射の話

 「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね」なんともトロピカルなこの歌。歌っていたのは中原めいこさんで、カネボウの夏の化粧品キャンペーンソングでした。カバーされたりもしているので、中高年以外でも知っている方がいるかもしれません。この曲が発売されたのが1984年でした。
 料理の世界で肉をやわらかくするレシピで出てくるパパイ(ヤ)ですが、パパイアの酵素が肉を溶かしやわらかくします。パパイアかパパイヤ。どちらが本当なのか、例によってウィキペディアで調べてみると「パパイア」は園芸学会での正式名称で、「パパイヤ」は農業界での正式名称だそうです。
 それはさておき、「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね」が発売された頃に、アメリカを中心とした世界中でパパイアの成分を使った椎間板ヘルニアの治療が行われておりました。「キモパパイン療法」というこの治療は、パパイアなどに含まれるキモパパインという蛋白分解酵素を椎間板内に注入することで、椎間板の中身の髄核というクッションのようなものを溶かし、ヘルニアを縮小させるものでした。しかしこの治療法は、アナフィラキシーショック、麻痺や重度の腰痛などの重篤な副作用の発現により,施行されなくなったという歴史があります。日本でも導入しようと臨床試験が行われていましたが、認可はされませんでした。その後30年ほど椎間板ヘルニアの酵素注入療法の話が出ることはなかったのです。
 時は流れ、現在、再び椎間板ヘルニアに対する注射が脚光を浴びています。商品名ヘルニコアという注射は椎間板内酵素注入療法として、すでに日本で認可されており、たくさんの患者が治療を受けておられます。コンドリアーゼという酵素を注入するのですが、これが髄核を構成している一部の成分を壊し、その保水力を減じることで椎間板の圧を下げて神経への圧迫を軽減します。キモパパインで報告されていたような有害事象はほとんどなく、安全性は高い治療法であると言えます。ほとんどの施設で1泊2日で施行しており、注射は難しいものではありません。治療法の一つとして考えてみるものいいかもしれません。

整形外科 中尾慎一

コラムアーカイブ(過去のコラムはこちらからご覧ください)